専門学校で学ぶバリスタや調理の技術~甘いカフェタイムをあなたに~

珈琲

自分だけのコーヒーを作る

女性

コーヒーのプロ、バリスタを養成するスクールは、カフェ経営を目指す人から趣味を極めたい人まで、様々な層の人が学べるので人気があります。このスクールではカフェでアルバイトをするシステムもあるので、学んだことを実践できる点でも便利です。スクールを選ぶ際には、このシステムについて検討してみましょう。

料理の道を極めるには

料理

もし、調理専門学校へ通いたいのであれば、自分がどうなりたいのかをイメージしておくと学校選びがしやすくなります。また、働きながら通いたい方や、昼間は忙しい方は夜間も開校している専門学校もあります。それぞれの目的や状況によって、専門学校の特色から選択すると良いでしょう。

お菓子を学ぶにあたって

お菓子

製菓の専門学校では、内容も取得できる資格や得意とする分野が違うので、まずは資料請求してから体験ができたらしてみて選択すると安心です。就職率なども違いがあるので、自分の目標にあった学校選びが夢への近道です。

専門的な職業

基礎から幅広く学べる

珈琲

バリスタはコーヒーのプロであり、喫茶店やバーのカウンターに立つために接客のプロでもあります。バリスタになるためには色々な手段がありますが、一番の身近なのは専門学校に通うことです。 現在バリスタがとても人気なのはカフェが流行であることが理由の一つです。コーヒーを好んで飲む人の中にはエスプレッソなどの本格的なものから、ラテアートのように見た目も楽しめるものまで好みが様々です。そのため本格的なコーヒーを広いバリエーションで淹れる職業は需要が高いといえます。 専門学校ではバリスタの基礎的な知識から、それぞれのコーヒーの本格的な淹れ方を学ぶことができます。加えて経営についても学ぶことができるため、将来自分のお店を持ちたいと思っている人にとってメリットが多いのです。

都合に合わせて通える

バリスタを志し専門学校に通いたくても、仕事の都合で時間がないという人が大勢います。そのために最近の専門学校は夜間に開講したり、週回数を減らして授業を行うところも多くあります。最先端のマシンについて学ぶためにも、設備の整った学校を探すのがポイントです。 また学校によってはコーヒーだけでなく、カクテルも扱えるカリキュラムが組まれています。同じカウンターに立つ職業なので、広い知識があればそれだけ需要が高まるためです。バリスタという職業につくためには大変良い内容です。 専門学校を選ぶ際にはそれぞれの特色の中から、いかに自分の希望を叶えられるカリキュラムがあるかを見極める必要があります。言い方を変えれば専門学校選びはある種のテクニックだといえるでしょう。